有機肥料

有機肥料ならいいんじゃないのか

鶏糞、牛糞など動物の糞はいいのではないでしょうか。

 

しかし、鶏糞や牛糞が食べているえさ(雑穀)も輸入されています。

 

これらのほとんどは遺伝子組み換えのえさ(雑穀)を食べているとどうなるのでしょうか。

 

また、牛や豚など自体が抗生物質などホルモン剤を添加されています。

 

牛はミルクをたくさんでるホルモン剤で
豚は早く大きくなるホルモン剤です。

 

また、動物性の堆肥を使うと虫がわきます。
どうしても農薬をかけたくなる悪循環になるのです。

 

動物性の堆肥は、虫がわいて分解して・・という自然界の摂理です。

 

どうしても有機肥料を入れたい場合は
植物性の堆肥を作っていれてあげましょう。

 

そこに生えている草を刈って置くのです。
早く発酵させたければ米ぬかを使ってみましょう。
EM菌などを買わなくても、そこにいる微生物で充分です。

 

草を刈って、土をかけて、草を刈って土をかけて・・

 

水をかけながら、足で踏みながら・・(サンドイッチ方式です。)
この上にダンボールやシートをかけますが、
通気性が悪いので穴を開ければベターです。

 

これで2年たてば野菜(微生物)が充分育つ土ができます。

 

草はミネラルを作ります。

 

枝豆のからはリン酸を含んでいるのでトマトなどには最適です。
稲科の雑草、ススキや笹などはミネラルの宝庫です。

 

野菜を作り続けると土が酸性に傾いていくので
弱った土には稲科の草を積み上げて堆肥にのせるのも効果的です。

 

なかったらその土地に生えている雑草でもOKです。

 

基本は持ち込まない、持ち出さない。

 

その空間の中で循環させていきましょう。

 

最初は収穫量が少ないけれど、
本質は循環させることです。

 

畑の中で循環していれば持続可能な農業をしていけます。

 

野菜のカスやコンポストを畑に入れたいという方も多いです。

 

この場合も加工品などをいれないで自然からできたものを選ぶのがコツです。
これをコンポストにいれて2年〜3年くらい発酵させたものであれば
土の上におけば問題はありません。

 

虫は肥料が過剰なことによりわく

 

窒素は一番大事な栄養分ですが
これによってきて虫は食べようとします。

 

自然の摂理からいうと、
その野菜は不自然なので土に返そうという働きです。
虫が食べてバランスをとっているという考え方です。

 

自然栽培で行われた野菜はほとんど虫がわきません。

 

付いたとしてもごく一部です。

 

肥料を与えると虫はぜったいにきます。
そうなると農薬をかけたくなる悪循環にはまるのです。

 

自然界はそこにあったら不自然なものは淘汰されます。
肥料を与える野菜は不自然という自然の判断です。

 

肥料をあげると必ず虫がつくので
なるべくあげないようにしてみてください。

 

虫がでたから農薬をかけるという単純な発想ではなく、
なぜ、虫がわくのか?と考えたときに
今の医療と同じで病気になったから薬を飲むという生き方ではなく、
病気にならないような生き方をするというのと同じです。

 

病気にならないような野菜を作るのであらば肥料はやらないほうがよいのです。

 

自然農はもっとも合理的で自然の摂理に合っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ