自然栽培 家庭菜園

自然栽培を広めるには小規模でやる家庭菜園が合っています。

慣行農法の常識は自然界では非常識です。

 

農業の世界に入ると
いろいろなしがらみがあり利権とかいろいろあります。

 

農家よりも一般の家庭菜園が増えていけば意識も変わっていきます。

 

農作物で生計を立てていない家庭菜園の方は
3年〜5年で微生物が育つ土づくりを
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

自然栽培の野菜は環境にもよくカラダにもよい
いちばんおすすめなやり方です。

 

自然栽培のやり方が広まっていけば
世の中もよくなっていくはずです。

 

肥料屋さんもいるし、農薬屋さんもいます。
これを作った農協さんもいます。
どうしても利権がからんできます。

 

今の社会では自然栽培がメジャーになることはありえません。

 

みんなが小さい家庭農園などで少しずつ増やしていこう!

 

家庭菜園から自然栽培を広めていきましょう。

 

自然が壊されない唯一の方法が自然栽培です。

 

自然栽培の農家さんは続けていくにも厳しい環境ですが
長いスパンでみれば持続可能な唯一の農法です。

 

近くで自然栽培の農家さんがいなければ
家庭菜園でチャレンジしてみてください。

 

人間は自然の一部です。

 

豊かな自然があってこそ生きていけます。
すべては自然の上で成り立っています。

 

その自然(循環)を壊してまで、
野菜を作る慣行農法は疑問です。

 

自然栽培は自然を壊さないでカラダにもよい野菜です。

 

この世の中を平和にしていくやり方です。

 

ぜひ、家庭菜園でもよいのでチャレンジしてみてくださいね〜♪

 

慣行農法は土の中のことをまったく理解していません。

 

耕すのであれば、5センチ〜6センチ程度にしましょう。
それ以上耕すと、せっかくできたバランスが崩れてしまいます。

 

そうなると肥料をあげないと育たなくなってしまいます。

 

光合成細菌と酵母菌ぐらいが足してもよい細菌です。
邪魔をしないからです。

 

地球ができたときからどこにでもいるのが光合成細菌です。
どこにでもいる菌です。

 

光が好きな細菌と暗いところが好きな細菌がいます。

 

どうしても何かまきたい方は、光合成細菌ぐらいですが、
基本的にはその土地に生えている草で充分です。

ホーム RSS購読 サイトマップ